TOP > 脱毛時の痛みとフラッシュ光線とレーザーの特徴

エステサロンとクリニックでは異なる方法で脱毛施術を行っています。クリニックで行われている方法の多くは医療レーザーを使う方法で、毛母細胞に熱エネルギーを与える事で発毛機能が破壊されるため永久脱毛が出来ます。
医療レーザーは医療行為が可能になっている施設のみ使用許可が在るため、医療行為が禁じられているエステサロンではレーザーを使う事が出来ません。

大阪の全身脱毛の情報といえばココです。

エステサロンで行われている方法は、光を利用しているもので、レーザーの光と比べると出力は弱いのですが、レーザー光線と同じく黒いメラニンに吸収され易い性質が在り、照射する事で毛穴の奥にある毛母細胞組織で熱エネルギーを与え、発毛機能を弱める効果や停止させる効果を得る事が出来ます。



但し、クリニックで行われているレーザー光線のように組織を破壊する事は出来ないため、永久脱毛ではなく半永久的な施術になると言った違いが在ります。



尚、ムダ毛の量が多い段階では光線を照射した時やレーザーを照射する事で痛みを感じる事になります。

光やレーザーは黒いメラニンに吸収され熱エネルギーにより発毛組織に作用を与えるのが特徴で、熱が加わることで輪ゴムを使って弾かれるような痛みを感じる事になります。
そのため、クリニックなどではレーザーの照射時に冷却を行いながら施術を行い、エステサロンなどではフラッシュ光線を照射する前にジェルを塗布する事で痛みを抑えて脱毛の施術を行うと言った特徴が在り、痛みは脱毛回数が多くなる事で感じ難くなり、効果が在ることを実感出来ます。