大量の保湿成分から何を選ぶか、化粧水について

化粧水に配合している保湿成分は大量です。

おすすめの化粧水情報が様々な条件で検索可能です。

しかし、皮膚を潤す成分には特徴があります。
一つ目は糖質です。

NAVERまとめの情報探しはそれほど難しくありません。

蜂蜜やグリセリン、トレハロースとグルコース、オリゴ糖は皮膚を保護して、保湿します。

二つ目は肌の中に存在する成分、セラミドとヒアルロン酸、コラーゲンとエラスチンです。


それらは元々、皮膚の中に存在していますから、塗布する事で大きなメリットを得られます。


しかし、コラーゲンは分子が大きい上に、肌がなかなか吸収しないですから、特殊な技術で分子を細かくする必要性がある為、注意すべきです。


三つ目は肌の水分を保持する力を持つ成分ですが、ペクチンやトレハロース、ヒアルロン酸、大豆エキスが上げられます。


それらを肌に付けると皮膚に薄い膜を張り、埃や空気中に漂う菌から身を守ってくれます。
また、水分が蒸発しない様に補助しますから、保湿にも乾燥予防にも機能します。

化粧水を選ぶ際にはどういった目的で使うか、考える必要性は出てきます。



肌を綺麗にしたいならば、ナノテクノロジー化されたコラーゲンやエラスチン配合の化粧水を選ぶか、大豆エキスをたくさん入れた化粧品を選ぶか、悩むところは生じます。

因みにナノ化された有効成分は肌の奥まで入り込みますから、物にはよりますが、皮膚は成分を吸収して、健康になるように再生を始めます。

コラーゲンならば肌に弾力を与えて、ニキビ跡が改善される様に補助もしますが、シワやタルミにも効果を発揮します。