化粧水で保湿すると肌のバリア機能が高まります

皆さんご存知の通り、化粧水は洗顔後に最初に使うアイテムです。


だからこそこだわりたいのは、その機能と刺激性です。洗顔後の肌は清潔ですが潤いがなくなっているので、とてもデリケートです。
そこに刺激が強い化粧水を使うと肌が赤くなって、肌荒れやかゆみを引き起こしてしまいます。敏感肌や乾燥肌の方は、パラベンフリーやアルコールフリーなど、低刺激タイプを選びましょう。
より慎重になるなら、合成着色料や合成香料が不使用のものを選びましょう。

まず知っておきたいことは、化粧水の目的は肌を保湿することです。


そうすることで肌のきめが整い、次に使う美容液や乳液ののりが良くなります。


肌の表面が整えば、メイクのりも良くなるメリットがあります。
さらにこの保湿という作業は、保湿することで摩擦や外気などの刺激から肌を守り、肌が持つバリア機能を高めてくれます。
バリア機能が高まると、乾燥による肌荒れや、刺激によるニキビを予防しやすくなります。

化粧水は肌の表面をコートして、肌を守ってくれるものです。

なので肌に合うものを選ぶことが大切です。

評価の高い美白化粧水情報を調べられるこのサイトはオススメです。

テスターやサンプルがあれば積極的に試しましょう。肌に合わないものをフルサイズで買ってしまうよりは、安全で経済的です。また生理前後は黄体ホルモンの影響でニキビができやすくなったり、肌が油っぽくなることもあります。

NAVERまとめに関する予備知識が満載です。

生理前後はより低刺激なもの、油分が控えめなものを使うなど、時期によって化粧水を使い分けるのも大切です。