柚子の種や皮のエキスを配合した保湿化粧水

柚子は人の肌にメリットを与えます。


皮はリモネンを大量に含み、皮脂の汚れや毛穴詰まりに良く効きます。ポリフェノールも含み、肌に弾力が生じる様に促します。

実にはクエン酸(ピーリング作用)、セラミド、天然ビタミンCが含まれますが、セラミドは人の皮膚に含まれる重要な成分になります。
保湿効果が高いですが、植物性はなかなか見つからず、貴重な成分の一つです。

化粧水に配合されていれば、乾燥の改善、皮膚の水分量を上昇させる、保湿効果がある特徴があります。

美白化粧水の情報を見つけよう。

微量の糖質も含んでいますから、メリットは大きいです。
柚子の種にはペクチンがたくさん含まれており、独特の粘り気は皮膚を保護して、外部からの刺激から守る様に膜を作ります。化粧水に配合する場合、とろみを出して触感を良くする働きもありますから、保湿も出来て一石二鳥です。

また、精油成分(エッセンシャルオイル)も含みますが、リモニン、ノミリンという物です。


リモノイド化合物と呼ぶその成分は炎症を鎮める、炎症を予防する、殺菌作用、抗腫瘍作用がある、少し珍しい特徴のある精油成分となります。

朝日新聞デジタルの有益な情報の紹介です。

また、フラボノイドを含みますが、抗酸化作用があります。



皮膚や身体の毒へと変化する活性酸素の除去や生産の抑制を促す成分です。


それらのエキス全てを配合した化粧水は、肌のトラブルを改善する、問題を抑えながら、肌を健やかにしていくメリットがあります。基本的に柚子の全部の箇所は使えますから、ローションを作るときにも一役買う存在です。